神戸市長田区にある病院です。

肝炎ウイルス検診を受けたことがありますか?

C型肝炎は何の自覚症状もなく、検査をしなければ肝炎を起こしているということがわかりません。HCV感染者のうち、輸血や手術の経験のある人は4割程度で、全くそのような既往がないのにHCVに感染していたという人が、C型肝炎の患者の中で5割以上の比率を占めています。
HCV感染は高齢者に多いということ、手術や輸血などに関係して高いということがわかっています。
現在、緊急肝炎ウイルス検査事業として、各市町村の保健所とそれに加えて指定医療機関で、無料で肝炎ウイルス検査(HBs抗原・HCV抗体)が受けることができます。当院は、神戸市の肝炎ウイルス検診実施医療機関です。
一般よりも感染の可能性が高いグループ(ハイリスクグループ)も公表されています。これまでに一度も肝炎ウイルス検査を受けたことがない人は、一度肝炎ウイルス検査を受けましょう。

C型肝炎ウイルス感染の可能性が一般より高いと考えられる方

  • 1992(平成4)年以前に輸血を受けた方
  • 長期に血液透析を受けている方
  • 非加熱血液凝固因子製剤を投与された方
  • フィブリノーゲン製剤を投与された方
  • 大きな手術を受けた方
  • 臓器移植を受けた方
  • 薬物濫用者、入れ墨をしている方
  • その他(過去に健康診断などで肝機能検査の異常を指摘されているにもかかわらず、その後肝炎の検査を実施していない方など)
Point
検診を受けた後に大切なことは、検診で肝炎ウイルスが陽性すなわちB型肝炎またはC型肝炎ウイルス持続感染者とわかった場合に、肝炎がどのような段階かを知ることが大切です。肝臓専門医を受診し、医師の診断を受けましょう。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 078-612-5151 受付時間8:30〜17:30

PAGETOP
Copyright © 神戸朝日病院 All Rights Reserved.