神戸市長田区にある病院です。

C型肝炎の治療

Ckan一昔前は、肝臓が悪いと聞くと、アルコールが原因と思っておられる方が多かったのではないでしょうか。日本の肝臓病の8割はB型やC型などの肝炎ウイルスが原因で、とりわけその7割はC型肝炎によるものです。アルコールの多飲によるものは約1割にすぎません。

肝臓病の終着駅である肝硬変、肝癌に進まないための治療法として、慢性C型ウイルス性肝炎に対するインターフェロン(IFN)療法が保険適応となってから20年以上が経過しました。

難治性であり日本人に最も多い1型に対しては、1992年、IFN単独で週3回24週間投与から始まり、2004年からはペグIFN週1回+リバビリン内服を48週間、2011年からはテラプレビル+ペグIFN+リバビリン、2013年からはシメプレビル+ペグIFN+リバビリンの3剤併用療法が保険認可され、治療後6ヶ月後もウイルスが陰性となる著効率は90%と格段に向上しました。ただ、IFN(発熱や骨髄抑制)、リバビリン(貧血)、テラプレビル(重篤な発疹)の副作用のため、治療困難な方もおられました。

2014年9月からはIFNやリバビリンを使わない新しいタイプの飲み薬2剤(ダクルインザ錠、スンペブラカプセル)の併用療法が保険認可され、これまでのIFN治療で効果がなかった患者で80%以上、副作用のためIFNが使えなかった患者においては、24週間の内服投与で90%近くの著効率が報告されています。重大な副作用もなく、5%程度に肝障害が報告されているのみです。又、米国からの報告によれば、1、2年後には著効率95~100%の強力な経口2剤の登場も期待されています。

お気軽にお問い合わせください TEL 078-612-5151 受付時間8:30〜17:30

PAGETOP
Copyright © 神戸朝日病院 All Rights Reserved.