🙂 5月5日「端午の節句」に、行事食として、タケノコなど、春が旬の食材を使ったメニューをお出ししました。

「端午の節句」は、「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言われ、今ではあまり見かけませんが、強い香気で厄を祓う菖蒲やよもぎを軒(のき)につるしたり、菖蒲湯に入ることで無病息災を願ったりしたとのこと。

栄養科では、ご入院中の患者様に少しでも季節を感じて頂こうと、毎回工夫を凝らした “行事食” をお出ししています。

😀 今回も、患者様には好評で、ほとんどの方が残さず召し上がって下さいました。