🙂 病院から歩いて5分のところにある名倉小学校から、総合学習の取組み「名倉の町を紹介します」で、『神戸朝日病院に行ってみたい』という3年生8名が、見学&インタビューにやって来ました。
ワクワク、ドキドキ感いっぱいの生徒たちが、一人一人、質問を考えてくれました。

①1日どれくらいの患者さんが来ますか?
②いつ建てられましたか?
③どんな病気でこの病院に来る人が多いですか?
④何人ぐらいの人が働いていますか?
⑤入院している患者さんの食事はどうしていますか?
⑥入院している部屋は何部屋ありますか?
⑦どうして、朝日病院という名前にしましたか?
⑧仕事は何時間していますか?
⑨病院は何時から何時までやっていますか?

🙂 上記以外にも、どんどん活発に質問をして、その都度、熱心にメモを取る姿が印象的でした。
🙂 生徒たちの希望で、病室、リハビリ室、栄養科、薬局、検査室、放射線科を見学し、CT室では装置を見て、画像の説明を聞いて、町探検は終了しました。

🙂 梅雨入りした今日、生徒たちの訪問を受けて、鬱陶しさも吹き飛び、朝から「元気」をいただきました。