この度、小南雅子看護主任が「神戸市看護のともしび賞」を受賞、当院においては、平成 20 年、21 年、23 年、26 年、29年に続き、6 人目の受賞となり、11月3日には、久元神戸市長により行われた表彰式に出席しました。
この「神戸市看護のともしび賞」とは、看護業務に功績のあった神戸市内の看護職員を表彰し、看護業務及び地域医療の向上発展を図ることを目的として平成 5 年度から実施されているもので、助産師、看護師または准看護師免許保持者で、神戸市内の医療施設でこれらの業務に従事され現在勤務されている医療施設で、ある一定の期間、勤続されていることが選考基準となります。

 

 

 

 

 

 

😛 この受賞を契機に、これからも、患者様、周辺地域は勿論、神戸市民の為、益々頑張って頂きたいと思います。