5月18日の日本経済新聞に当院の脂肪肝の外来について記事が掲載されました。2016年に脂肪肝の外来を設け、たくさんの脂肪肝患者さまを診ています。院長の金秀基は「様々な検査を用いて総合的に診断し、早期に高リスクの患者へのアプローチが大切です」と申しております。脂肪肝の一つにアルコール摂取が少ない方もしくは全く飲まない方でも生活習慣や肥満などによって発症する非アルコール性脂肪性肝肝疾患(NAFLD:nonalcoholic fatty liver disease)がありますので、お酒を飲まれない方でも注意が必要です。

健康診断などで脂肪肝と診断された方は、ぜひ脂肪肝の外来にお越しくださいませ。