神戸市では2017年12月1日より、50歳以上の偶数歳の誕生を迎える方を対象とした胃がん検診(胃内視鏡検診)を開始しました。当院は、神戸市胃がん検診の指定医療機関です。

国立がんセンターの統計によると2016年のがんの死亡数は、男性①肺 ②胃 ③大腸 ④肝臓、女性①大腸 ②肺 ③膵臓 ④胃となっています。胃がんの罹患率は40代後半以降に高くなります。胃がんは、早期の段階では自覚症状が出ることが少なく、かなり進行しても症状が出ない方もおられます。検査を行わなければ確定診断はできません。医療技術の進歩により早期発見であればほとんどが完治可能と言われています。
是非、この機会に、消化器内視鏡学会、消化器病学会の認定施設でもある当院で胃がん検診(胃内視鏡検診)を受診下さい。症状の有無に関わらず検診を受けることが早期発見のために大切です。

【検診開始】
2017年12月1日~
予約は、診療時間内であれば随時受付しています。
当院のホームページからも予約ができます。
胃がん検診の予約はこちら
緑色のバナーをクリックして下さい。

【対象】
神戸市在住の当年度に50歳以上の偶数歳の誕生日を迎える方(2年度に1回)

【自己負担金】
2,000円
※70歳以上、市民税が非課税または均等割のみ課税の世帯、生活保護受給者、特定中国残留邦人等支援給付受給者は無料(神戸市保健福祉局が発行する無料券が必要になります。)

【申込み】
TEL:078-612-5151(代表)
メールでのお問い合わせは、お問い合わせのフォームをご利用下さい。
お問合せの際に、「胃がん検診を希望」とお伝え下さい。