神戸市長田区にある病院です。

業績報告

  • HOME »
  • 業績報告

学会発表

2019年

<薬剤科>

第28回日本医療薬学会年会 2019/11/2-4 福岡
レンバチニブ治療における安全性とその検討
中尾 啓子、大谷 綾、李 昌子 、塙 久瑠実、西條 由夏、上田 愛梨、加藤 愛梨、笹瀬 典子、藤井 貴子、金 秀基、金 守良、金 啓二

<診療部>

第55回肝癌研究会(ホテル椿山荘東京)症例検討 (「レンバチニブ治療中に腸管穿通を発症したHCCの一症例」) 2019/7/4~5  金 秀基

<栄養科>

第16回日本褥瘡学会近畿地方会学術集会 2019/3
重度褥瘡治療において多職種での取り組みが奏功した1症例
藤井 貴子、〇小山 徐奈、野村 信枝、北田 亜耶、安場 直哉

<栄養科>

第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2019/2
腸炎・誤嚥性肺を繰り返し胃瘻造設後に自宅退院になった1症例
金 秀基、合田 敬子、小山 徐奈、昌山 由香、間嶋 友紀子

<栄養科>

第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会 2019/2
難治性下痢症の嚥下障害患者に対し栄養剤の検討と内服管理で腸内環境の改善に至った1症例
金 秀基、合田 敬子、小山 徐奈、昌山 由香、間嶋 友紀子

<薬剤科>

第40回日本病院薬剤師会近畿学術大会 2019/1/19-20 奈良
肝性脳症治療に「おけるリファキシミンのadd-on効果
塙 久瑠実、大谷 綾、加藤 愛梨、西條 由夏、上田 愛梨、中尾 啓子、笹瀬 典子、金 秀基、金 守良、井本 勉、金 啓二

2018年

<診療部>

第42回肝臓学会東部会 2018/12/7-12/8 東京
HCV(+)肝硬変組織に潜在する 発癌関連遺伝子のゲノム異常解析
金 秀基、竹田治彦、丸澤宏之

<診療部>

JDDW第22回日本肝臓学会大会 2018/11/1-2
肝性脳症治療におけるリファキシミンの治療効果(肝P-224)
金 秀基

<薬剤科>

第28回日本医療薬学会年会 2018/11/23-25 神戸
肝性脳症治療に「おけるリファキシミンのadd-on効果
加藤 愛梨、大谷 綾、西條 由夏、笹瀬 典子、中尾 啓子、上田 愛梨、塙 久瑠実、
白井 ゆりか、金 秀基、金 守良、井本 勉、金 啓二

<薬剤科>

第21回近畿薬剤師学術大会(2018年)2018/11/3 大津
C型慢性肝炎におけるグレカプレビル/ピブレンタスビル療法の治療効果に関する検討
大谷 綾、笹瀬 典子、中尾 啓子、加藤 愛梨、上田 愛梨、西條 由夏、塙 久瑠実、金 秀基、金 守良、金 啓二

<診療部>

日本超音波医学会第45回関西地方会学術集会 2018/10/20
一般演題18  消化器8(その他)
座長:金 秀基(共同座長:兵庫医大 超音波センター 西村純子)

<診療部>

日本消化器病学会第109回近畿支部例会 2018/9/29
肝性脳症診療におけるリファキシミンのadd-on効果
金 秀基、金 守良、井本 勉、 藤井 友実

<リハビリテーション科>

兵庫県病院協会 研究発表会  『SpO₂の測定が困難であったが、他の評価により離床できた一症例』 (理学療法士:藤田 章弘) 2018/9/1

<リハビリテーション科>

兵庫県病院協会 研究発表会 『非代償性肝硬変患者に対するリハビリテーション~2度の再入院を経た1症例を通じて~』 (理学療法士:鷺澤 崇) 2018/9/1

<栄養科>発表者:管理栄養士

第20回日本褥瘡学会学術集会 2018/9
治療困難・長期化が予測された褥瘡が早期改善に至った1症例
小山 徐奈、野村 信枝、間嶋 友紀子

<リハビリテーション科>

第8回 全国離床学会  『肺塞栓後、自覚症状の再現性が乏しく、リスク管理により早期離床・再発予防が可能となった一症例』 (理学療法士:藤田 章弘) 2018/6/15

<診療部>

第54回肝癌研究会 久留米シティプラザ 2018/6/28~29
症例検討 (症例検討会4「HCC(肉腫瘍)」)
金 秀基、 金 守良、 井本 勉、 金 致完、 音野 由美、 藤井 友実、 田村 知子、 巴里 彰吾、 狛 雄一朗、 林 祥剛、 隈部 力、 中島 収

<診療部>

第54回日本肝癌研究会 久留米シティプラザ 2018/6/28~29
症例検討
金 秀基、金 守良、 井本 勉、 金 致完、 音野 由美、 藤井 友実、 田村 知子、 巴里 彰吾、 狛 雄一朗、 林 祥剛、 松岡 利幸

<診療部>

第54回日本肝癌研究会 久留米シティプラザ 2018/6/28~29
症例検討会3
金 守良

<診療部>

第54回日本肝臓学会総会 2018/6/14-15大阪
日本の脳死肝移植症例を 増やすために -韓国の現状と比較して-
金 守良、金 秀基、 井本 勉

<診療部>

第54回日本肝臓学会総会 2018/6/14-15大阪
症候性急性C型肝炎例の経過中における HCV RNA量の再上昇に伴った血清 IFN-γの出現は,  引き続いてのHCVの消失を示唆する有用な指標である
井本 勉、 金 秀基、 天野 恵介、 尹 聖哲、 廣畑 成也、 飯尾 悦子、 石川 達、 矢野 嘉彦、 勝島 慎二、 福永 豊和、 堀江 裕、 鄭 浩柄、 国立 裕之、 田中 靖人、 金 守良

<診療部>

第54回日本肝臓学会総会 2018/6/14-15大阪
肝がんのゲノム情報に基づく成因別治療選択の可能性
金 秀基、竹田 治彦、丸澤 宏之

<診療部>

第54回日本肝臓学会総会 2018/6/14-15大阪
2型C型肝炎に対するソホスブビル・リバビリン治療の肝線維化改善効果
-新規線維化関連マーカー(BMP-7, CTGF)の検討を含んで-
金 秀基、 金 守良、 井本 勉、 音野 由美、 藤井 友実、 金 啓二、 大谷 綾、 林 祥剛、 矢野 嘉彦

<診療部>

第54回日本肝臓学会総会 2018/6/14-15大阪
Genotype2型C型肝炎に対するソホスブビル+リバビリン治療の有効性と安全性に関する検討-ペグインターフェロン+リバビリン療法との比較-
大谷 綾、金 秀基、金 守良、井本 勉、音野 由美、藤井 友実、金 啓二、林 祥剛、
矢野 嘉彦、田中 靖人

<診療部>

APASL(The Asian Pacific Association for The Study of the Liver) Single topic conference on HCC 2018/5/11 13:00-13:28 座長
Oral Free Papers (一般演題オーラルセッション)「Hepatitis C ①」
Soo Ryang Kim

<診療部>

APASL(The Asian Pacific Association for The Study of the Liver) Single topic conference on HCC 2018/5/12 8:00-10:20 座長
Symposium 9 “Epidemiology and Natural History of HCC 2”
Soo Ryang Kim

<診療部>

APASL(The Asian Pacific Association for The Study of the Liver) Single topic conference on HCC 2018/5/12
Oncogenic potential of cirrhotic liver tissues determined by deep-sequencing analyses
Soo Ki Kim, Haruhiko Takeda, Hiroyuki Marusawa

<診療部>

APASL(The Asian Pacific Association for The Study of the Liver) Single topic conference on HCC 2018/5/12
Novel Non-Trocar Technique for Laparoscopic Radiofrequency Ablation
Sinobu Tsuchida, Sadaki Asari, Shinichi So, Soo Ryang Kim, Soo Ki Kim

<薬剤科>

第39回日本病院薬剤師会近畿学術大会 2018/2/3-4
肝性脳症に対する難吸収性抗菌薬リファキシミンの治療効果
西條 由夏、大谷 綾、加藤 愛梨、森本 愛梨、小林 真菜、笹谷 佳菜子、中尾 啓子、笹瀬 典子、金 秀基、金 守良、金 啓二

論文発表

2019年

<診療部>

Soo Ki Kim, Takako Fujii, Soo Ryang Kim, Susumu Imoto, Yumi Fujii, Kanako Yuasa, Hisato Kobayashi, Aya Ohtani, Yu-ichiro Koma, Masatoshi Kudo.
Differential diagnosis of small HCC focusing on pseudolymphoma and bile duct adenoma. Annals of Case Reports 2019. (inpress)

Soo Ki Kim, Haruhiko Takeda, Atsushi Takai, Tomonori Matsumoto, Nobuyuki Kakiuchi, Akira Yokoyama, Kenichi Yoshida, Toshimi Kaido, Shinji Uemoto, Sachiko Minamiguchi, Hironori Haga,
Yuichi Shiraishi, Satoru Miyano, Hiroshi Seno, Seishi Ogawa, Hiroyuki Marusawa.
Comprehensive analysis of genetic aberrations linked to tumorigenesis in regenerative nodules of liver cirrhosis. J Gastroenterol. 2019; 54(7): 628-640.

金 秀基, 金 啓二, 金 守良.
NAFLD/NASH診療の現在. YAKUGAKU ZASSHI 139, 1147-1153 (2019)

Soo Ki Kim, Soo Ryang Kim, Susumu Imoto, Naomi Shida, Yumi Fujii, Takako Fujii, Masahiro Kido, Hisoka Kinoshita, Yu-ichiro Koma, Yoshitake Hayashi, Toshiyuki Matsuoka, Masatoshi Kudo.
Rapid and extensive intrahepatic metastatic recurrence of hepatocellular carcinoma with very small portal vein tumor thrombus after surgery and sustained virological response of HCV with direct-acting antivirals. Pathol Int. 2019 May; 69(5): 306-308.

お気軽にお問い合わせください TEL 078-612-5151 受付時間8:30〜17:30

PAGETOP
Copyright © 神戸朝日病院 All Rights Reserved.