😛 7月1日、毎年恒例の七夕コンサートを開催しました。

tanabata2016_2

「うたごえ」として、施設などでボランティア活動されている、河合千佳子さんと鹿島 学さんをお迎えして、「幸せなら手をたたこう」「見上げてごらん夜の星を」「千の風になって」などみんなが良く知っている楽曲を、ピアノとギターに合わせて一緒に歌いました。
最後に、鹿島さんが「手紙 ~親愛なる子供たちへ~ 」という歌を紹介して下さいました。

♪ 年老いた私がある日、今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても、靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい ♪

と始まったその歌声に、参加していた多くの人が胸を熱くし涙を流しました。

コンサートの最後に、NHK朝の連続ドラマの主題歌でもあった「365日の紙飛行機」を職員有志で合唱しました。

今年も多くの方に参加していただき心温まる、楽しい時間を過ごすことができました。

tanabata2016_4