チーム紹介

3階病棟

3階病棟は重症患者観察室を併設しており、急性期病院として当院の中核を担う部署でもあります。消化器疾患や整形外科の手術前後の患者様、重篤な内科疾患の患者様だけではなく、人工呼吸器の管理など緊張感の高い看護場面もあります。一方で在宅へ向けてのリハビリや、退院調整、終末期患者様の看護など、急性期~慢性期まで幅広い知識、技術等の看護力を必要とされる病棟です。スタッフは年齢層が若く日々勉強の毎日ですが、皆明るく忙しい中でも笑顔を絶やさず協力し合いながら業務を行えるチームワークがあり、働きやすい職場つくりの為に意見を出し合い業務改善に取り組める環境を作っていくよう心掛けながら日々の業務に取り組んでいます。

また、急性期の重篤な疾患や消化器疾患手術前後の看護を多く学ぶことができるのは魅力1つだと考えています。
スタッフ間の情報共有、統一した看護の提供を目指し、日々カンファレンスの施行や、新人教育に対しても担当が主となり、スタッフ全員で統一した指導が行えるよう努めています。

4階病棟

4階病棟では急性期・慢性期を問わず介護度の高い患者さまが多く、退院後の療養生活を見通した看護が必要となります。その背景には、認知症や精神疾患などを抱えている患者様も多く、全身管理を学ぶとともに、精神的サポート、家族ケアなど看護の力を存分に活かせる50床からなる病棟です。看護に加えてリハビリ、MSW、管理栄養士と連携をおこない、チーム医療で患者様を支えていきます。

また肝臓疾患の専門病院として多数の検査・治療にも対応しておりスタッフのスキルアップを目指しOJTやOFF-JTを導入しています。職員は20~50歳代と幅広く様々な雇用形態ですが働きやすい職場づくりを目指し一丸となって頑張っています。

5階病棟

5階病棟は地域包括ケア病棟です。
急性期治療を終了し病状は安定しているものの、すぐに自宅や施設へ退院するには不安のある患者様に対し、在宅復帰に向けた医療・看護・リハビリを行うことを目的とした病棟です。入院期間は個々の患者様によって決定されますが最長60日まで入院が可能です。

地域包括ケア病棟の役割を果たすため、毎日カンファレンスを行いスタッフ間で情報共有ができ、患者様やご家族様が安心して早期退院できるよう取り組んでいます。
コロナ禍で面会や外出・外泊が制限されている中でオンラインによる面会や退院調整のための面談を行い、ケアマネージャーや施設の相談員、訪問看護師、リハビリスタッフを交えて患者様が希望する生活を叶えるためカンファレンスも行っています。また、自宅退院に向けてご家族様が不安なく受け入れ出るよう指導できる看護師の育成にも努めています。

「仕事は楽しく」をスローガンにしており、スタッフ同士は自分の意見を言い合えるチームワークのとれた病棟です。
これからも地域の皆様と連携しながら、多職種と協働し患者様が住み慣れた地域での生活を取り戻すために必要な支援をしたいと思っています。

外来

外来看護師の仕事は大きく分けて、診察の介助、検査および特殊検査の介助、入院患者様への援助と救急患者様の対応になります。外来は毎日の忙しさが違い、一日として同じ日はありません。そのため日々フレッシュな環境で仕事が出来るのが特徴の一つです。

外来診察では、内科外来や外科外来をはじめ、もの忘れ外来、下肢静脈瘤外来、膵臓外来、腎臓外来、禁煙外来などの専門外来があります。検査および特殊検査では、上下部の内視鏡検査・処置、シャントPTA、ラジオ波やマイクロ波、下肢静脈瘤焼灼術などのIVR治療にも力を入れております。新たに循環器内科の医師、放射線部と協力し心臓CT(冠動脈CT撮影加算)も開始しました。

二次救急指定医療機関として救急の受入も行っています。現在、発熱(新型コロナウイルス感染擬似症)の患者様には院内トリアージ室(3部屋)を設置し一般の患者様と発熱を有する患者様の区分けを行っています。感染対策にも力を入れており、標準予防策や必要な設備は全て取り揃えています。

外来部門は他部署(検査・放射線科・薬局・医事課)との協調性が必要であり、常に伝達や報告を意識しています。また接遇能力も大切なスキルであり、患者様とよい良い関係性を築く一つになっています。当院の外来は非常にアクティビティが高く学びややりがいの多い部署になります。「努力は必ず実を結ぶ」という言葉をもとに日々取り組んでいます。

中材・手術室

手術室 血管造影室のご紹介

病院2階に中央材料室・手術室・血管造影室があります。患者様が自由に出入りできない場所にありますが、ここでは主に外科・整形外科手術、血管・非血管疾患の低侵襲治療(血管造影、シャントPTA、CVポート造設、PICC挿入、肝生検、マイクロターゼ、ラジオ波治療、各種ドレナージ、デンバーシャントなど)を行っています。高度で複雑な医療機器を毎日扱うため、医師・放射線技師・検査技師・臨床工学技師など多職種と連携し、安全で確実な治療ができるようにサポートしています。手術に関しては、症例ごとに術前カンファレンスがあり、周術期看護に役立てています。
病院全体で使用する器械の洗浄・滅菌を行い、物品を提供する場所でもあり、縁の下の力持ちのような役割も担っています。

治療を受けらえる患者様へ

手術を受ける立場になったとき、「手術がうまくいくだろうか。」「麻酔からさめないのではないだろうか。」など大変不安になると思います。
担当看護師は安全第一に準備を整え、手術や治療の前後で病室に訪問して、顔合わせやお話をして少しでも不安や緊張を軽減できるように心がけています。また、麻酔の前後や治療中は、寒くないように調整したり、進行状況を説明したりしながら、マスクの下は笑顔で患者様の近くで寄り添えるようで努めています。疑問・不安・要望などいつでも遠慮なくお声掛けください。

アクセスACCESS

〒653-0801 神戸市長田区房王寺町3-5-25

Google MAP