平成31年2月14日(木)・15日(金) 東京で開催されました「第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会」において、当院 管理栄養士が2題(「腸炎・誤嚥性肺炎を繰り返し胃瘻造設後自宅退院になった1症例」「難治性下痢症の嚥下障害患者に対し栄養剤の検討と内服管理で腸内環境の改善に至った1症例」)の発表しました。