去る 11月22日 ホテルオークラ神戸に於いて「第3回 西神戸消化器疾患講演会」が開催され、当院 副院長の金 秀基 医師が「B型肝炎治療のパラダイムシフト」というテーマで講演しました。
また、同講演会後半の特別講演では、当院 院長の金 守良 医師が座長を務めました。