10月29日(月)に、院内感染防止の為の知識向上と対策推進を目的
として、NPO日本感染管理支援協会の土井英史先生をお迎えして
研修会を開催しました。

当日 土井先生は、当院に到着するや否や、一息つかれる間も惜しんで、
感染対策チームの医師、看護師、病棟の職員約20名と一緒に、約2時間、
病棟、リハビリ室、透析室、中央材料室、内視鏡室をラウンドされました。
普段現場で職員が感じている疑問について、直接質問をさせていただき、
様々なアドバイスをうかがうことができました。

2時間を超える長時間のラウンドを終え、ここでもまた一息つかれる間もなく、今度は『全職員で取り組む感染対策』というテーマで1Fロビーにて講演を行っていただきました。医療従事者のみならず、事務スタッフまで約100名が聴講し、院内感染防止のためには、「正しい感染対策の知識を持ち、ルールを守ること」という感染対策の基本を、分かり易く、時にブラックユーモアを交え楽しく、お話くださいました。先生の話術に引き込まれ、2時間の講演があっと言う間に感じました。

土井先生にアドバイスしていただいた内容を、ひとつひとつ実践し、当院の院内感染対策をさらにステップアップしたいと思います。