10月19日(金)15:30より、当院外来ロビーにて、理学療法士で且つ転倒予防指導士でもある当院職員の安場 直哉を講師に“介護予防について”というテーマで「健康いきいきサロン」を開催しました。

高齢者が要介護状態に陥る過程で発生しやすい状態を日本老年医学会が「フレイル」として提唱していますが、これは“身体的・精神的・社会的な虚弱”を指し、高齢者が陥りやすい状態です。この「フレイル」になることを回避する為の、今回は運動面からのアプローチで、前半は、お話と『指輪っかテスト』など自分でできる「フレイル」のチェック方法を実際に試したりしました。後半は、「フレイル」予防の為には運動が大切であることから、ご参加の皆さんと『三百六十五歩のマーチ』に合わせて、座ったままでもできる体操をしました。

歳を重ねても、介護の必要がなく、自分の事は自分で出来る、そんなふうに健康で、元気に長生きしたいものです。当院 リハビリテーション科では、その、運動面でのお手伝いをさせていただきます。

◇ 何かご不明な点やご相談等ございましたら、何なりと、どうぞお気軽にお問合せください。

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら TEL 06-612-5151 (受付時間8:30〜17:30)