神戸市長田区にある病院です。

研究業績

  • HOME »
  • 研究業績

研究業績

第40回日本病院薬剤師会近畿学術大会(2019年)

肝性脳症治療に「おけるリファキシミンのadd-on効果

塙 久瑠実、大谷 綾、加藤 愛梨、西條 由夏、上田 愛梨、中尾 啓子、笹瀬 典子、金 秀基、金 守良、井本 勉、金 啓二

第21回近畿薬剤師学術大会(2018年)

C型慢性肝炎におけるグレカプレビル/ピブレンタスビル療法の治療効果に関する検討

大谷 綾、笹瀬 典子、中尾 啓子、加藤 愛梨、上田 愛梨、西條 由夏、塙 久瑠実、金 秀基、金 守良、金 啓二

第28回日本医療薬学会年会(2018年)

肝性脳症治療に「おけるリファキシミンのadd-on効果

加藤 愛梨、大谷 綾、西條 由夏、笹瀬 典子、中尾 啓子、上田 愛梨、塙 久瑠実、白井 ゆりか、金 秀基、金 守良、井本 勉、金 啓二

第54回日本肝臓学会総会(2018年)

Genotype2型C型肝炎に対するソホスブビル+リバビリン治療の有効性と安全性に関する検討-ペグインターフェロン+リバビリン療法との比較-

大谷 綾、金 秀基、金 守良、井本 勉、音野 由美、藤井 友実、金 啓二、林 祥剛、矢野 嘉彦、田中 靖人

第39回日本病院薬剤師会近畿学術大会(2018年)

肝性脳症に対する難吸収性抗菌薬リファキシミンの治療効果

西條 由夏、大谷 綾、加藤 愛梨、森本 愛梨、小林 真菜、笹谷 佳菜子、中尾 啓子、笹瀬 典子、金 秀基、金 守良、金 啓二

第27回日本医療薬学会年会(2017年)

C型慢性肝疾患に対するソホスブビル/リバビリン併用療法における肝機能および肝線維化改善効果の検討

小林 真菜、瀬尾 佳世、西條 由夏、森本 愛梨、加藤 愛梨、笹谷 佳菜子、大谷 綾、中尾 啓子、笹瀬 典子、金 啓二、金 秀基、金 守良

第38回日本病院薬剤師会近畿学術大会(2017年)

ソホスブビル/リバビリン経口2剤併用療法における貧血とITPA遺伝子多型との関連性についての検討

森本 愛梨、加藤 愛梨、小林 真菜、笹谷 佳菜子、大谷 綾、中尾 啓子、笹瀬 典子、金 啓二、金 秀基、金 守良

第26回日本医療薬学会年会(2016年)

Genotype2のC型慢性肝炎に対するソホスブビル/リバビリン併用療法におけるヘモグロビン減少の検討

加藤 愛梨、森本 愛梨、小林 真菜、杉本 佳世、笹谷 佳菜子、大谷 綾、中尾 啓子、笹瀬 典子、金 啓二、金 秀基、金 守良

第37回日本病院薬剤師会近畿学術大会(2016年)

Genotype2のC型慢性肝炎に対するソホスブビル/リバビリン併用療法におけるHb減少について:ペグインターフェロン/リバビリンとの比較

小林 真菜、加藤 愛梨、杉本 佳世、笹谷 佳菜子、大谷 綾、中尾 啓子、笹瀬 典子、金 啓二、金 守良

原著論文

Comparison of Sofosbuvir Plus Ribavirin Treatment with Pegylated Interferon Plus Ribavirin 
Treatment for Chronic Hepatitis C Genotype 2.

Seo K, Kim SK, Kim SR, Ohtani A, Kobayashi M, Kato A, Morimoto E, Saijo Y, Ke Ih Kim Imoto S, Kim CW, Yano Y, Kudo M, Hayashi Y.
Dig Dis. 2017; 35(6): 541-547.

Comparison of Daclatasvir plus Asunaprevir for chronic HCV 1b infection to telaprevir and simeprevir with peginterferon and ribavirin – Focusing on prevention of occurrence and recurrence of HCC -.

Kayo Sugimoto, Soo Ryang Kim, Soo Ki Kim, Susumu Imoto, Madoka Tohyama, Ke Ih Kim, Aya Ohtani, Takashi Hatae, Yoshihiko Yano, Masatoshi Kudo, Yoshitake Hayashi.
Oncology 2015; 89( Suppl 2): 42-46.

Factors of response to pegylated interferon/ribavirin combination therapy and mechanism of viral
clearance.

Kayo Sugimoto, Soo Ryang Kim, Ahmed El-Shamy, Susumu Imoto, Kenji Ando, Ke Ih Kim, Yasuhito Tanaka, Yoshihiko Yano, Soo Ki Kim, Yutaka Hasegawa, Aya Fujinami, Mitsuhiro Ohta, Takashi Hatae, Hak Hotta, Yoshitake Hayashi, Masatoshi Kudo.
Dig Dis. 2013; 31: 421-425.

Outcome of Double-Filtration Plasmapheresis plus Interferon Treatment in Nonresponders
toPegylated Interferon plus Ribavirin Combination Therapy.

Kayo Sugimoto, Soo Ryang Kim, Ahmed El-Shamy, Susumu Imoto, Haruma Fujioka, Ke Ih Kim, Yasuhito Tanaka, Yoshihiko Yano, Soo Ki Kim, Yutaka Hasegawa, Aya Fujinami, Mitsuhiro Ohta, Takashi Hatae, Hak Hotta, Yoshitake Hayashi, Masatoshi Kudo.
Dig Dis. 2013; 31: 434-439.

Outcome and early viral dynamics with viral mutation in PEG-IFN/RBV therapy for chronic
hepatitis in patients with high viral loads of serum HCV RNA genotype 1b.

Noriko Sasase, Soo Ryang Kim, Masatoshi Kudo, Ke Ih Kim, Miyuki Taniguchi, Susumu Imoto, Keiji Mita, Yoshitake Hayashi, Ikuo Shoji, Ahmed El-Shamy, Hak Hotta.
Intervirology 2010; 53: 49-54.

Blood cell, liver function, and response changes by PEG-interferon-α2b plus ribavirin with
polaprezinc therapy in patients with chronic hepatitis C.

Ke Ih Kim, Soo Ryang Kim, Noriko Sasase, Yoko Akimoto, Mao Shikata, Aya Ohtani, Teruko Hirooka and Kazuhiko Tanaka.
Hepatol Int. 2008; 2(1): 111-5.

Usefulness of a new immuno-radiometric assay of HCV core antigen to predict virological
response during PEG-IFN/RBV combination therapy for chronic hepatitis with high viral loads of
serum HCV RNA genotype 1b.

Noriko Sasase, Soo Ryang Kim, Ke Ih Kim, Miyuki Taniguchi, Susumu Imoto, Keiji Mita, Hak Hotta, Ikuo Shouji, Ahmed El-Shamy, Norifumi Kawada, Masatoshi Kudo, Yoshitake Hayashi.
Intervirology 2008; 51 (suppl 1): 70-75.

1.肝不全用経口アミノ酸製剤の服薬状況およびコンプライアンスに影響を及ぼす要因

大谷 綾、木下香奈、鍋島 静、木下美津子、金 星希、秋元庸子、志方真央、木村訓世、井澤聡子、笹瀬典子、中尾啓子、金 啓二、金 守良、山岡由美子、田中一彦
日本病院薬剤師会雑誌42: 633-639 (2006)

C型慢性肝炎に対するPEG-IFN-α2aとポラプレジンク併用療法による血球と肝機能変化

中尾啓子、原田慎一、木下香奈、金 星希、秋元庸子、志方真央、木村訓世、井澤聡子、大谷 綾、笹瀬典子、金 啓二、金 守良、木下美津子、本嶋眞得、平井みどり、大頭麻理子、廣岡輝子、 鍋島 静、田中一彦、堀田 博
日本病院薬剤師会雑誌42: 1307-1309 (2006)

2′-, 5′-oligoadenylate synthetase response ratio predicting virological response of
PEG-interferon-α2b plus ribavirin therapy in patients with chronic hepatitis C.

Ke Ih Kim, Soo Ryang Kim, Noriko Sasase, Miyuki Taniguchi, Shinichi Harada,Kana Kinoshita, Sung Hi Kim, Yoko Akimoto, Mao Shikata, Noriyo Kimura, Satoko Izawa, Aya Ohtani, Keiko Nakao, Masayoshi Motojima, Mitsuko Kinoshita, Midori Hirai, Mariko Ohzu, Teruko Hirooka, Shizuka Nabeshima, Fumie Ishii, Kazuhiko Tanaka, Hak Hotta.
J Clin Pharm Ther. 2006; 31(5): 441-6.

Prediction of efficacy of interferon treatment of chronic hepatitis C and occurrence of HCC after
interferon treatment by a new classification.

Ke Ih Kim, Noriko Sasase, Miyuki Taniguchi, Kenji Mita, Soo Ryang Kim, Kazuhiko Tanaka, Yoshitake Hayashi.
Intervirology 2005; 48(1): 52-8.

Interferon-β induction/interferon-α2b plus ribavirin therapy in patients with chronic hepatitis
C.

Ke Ih Kim, Noriko Sasase, Miyuki Taniguchi, Keiji Mita, Kana Kinoshita ,Takeshi Togitani ,Mao Shikata, Noriyo Kimura, Satoko Izawa, Aya Ohtani, Keiko Nakao, Yuko Muramoto, Soo Ryang Kim, Shizuka Nabeshima,Fumie Ishii, Kazuhiko Tanaka, Yoshitake Hayashi.
Int J Clin Pharmacol Res. 2005; 25(2): 71-6.

C型慢性肝炎におけるインターフェロン投与と血漿中グルタチオン濃度変化

金 啓二、福島昭二、岸本修一、杉田由実、宮脇佳子、森淑恵、田村佳世子、土井啓子、村本裕子、金明美、谷口美幸、新谷繁之、金守良、井本勉、吉田由紀、竹内由和
日本病院薬剤師会雑誌 37: 483-486 (2001)

吸入剤残量計測法による吸入指導

金 啓二、土井啓子、高見一恵子、村本裕子、濱崎恭子、金明美
日本病院薬剤師会雑誌 33: 555-559 (1997)

血液関連医療事故に関するアンケート調査

萩原陽子、神野由子、浜崎恭子、金明美、金 啓二、徐昌教
日本病院薬剤師会雑誌 30: 73-76 (1994)

その他

激変するC型肝炎治療-臨床現場の薬剤師から-

金 啓二
ファルマシア 2016: 52(2); 136-140.

肝線維症、肝硬変

金 啓二
薬局増刊号 薬と検査 2015: 66(4); 266-277.

C型慢性肝炎に対するペグインターフェロンとリバビリン併用療法:抗ウイルス効果判定の指標としての2-5AS 活性測定の意義

金 啓二
大阪薬科大学紀要 2: 111-118 (2008)

側管注(ワンショット)に伴う問題と対策

金 啓二
EBNursing 3: 292-299 (2003)

喘息患者への吸入指導

金 啓二、正木裕子、林明姫、濱崎恭子、金明美、萩原陽子、西岡安弘、浜田浩一郎、青木勝彦、佐々木一憲、姜 京富、金 守良
医薬ジャーナル 31: 2824-2827 (1995)

お気軽にお問い合わせください TEL 078-612-5151 受付時間8:30〜17:30

PAGETOP
Copyright © 神戸朝日病院 All Rights Reserved.